Img_0f78c8c3db2b0c8adf89bfd9a12fc90f
【ネタバレしまくりです】

『ハクソー・リッジ』、チョーおもしろかった!やっぱりメル・ギブソンは天才だ・・・。

映画冒頭、「TRUE STORY」という文字がババーンと出た後に、藤田嗣治の「アッツ島玉砕」ばりにバッキバキにディフォルメされた戦場(映画的には100点満点の正しさ)が映し出されるので、「よっ、いつものメルギブ!」と期待感は最高潮。そしてその期待は裏切られることなく、最後の最後までメルギブ世界にどっぷり浸かって楽しめた。
Img_f71047e6b726801d51bf93dedb2038b6
ご存知、「アッツ島玉砕」。本編の戦闘シーンは全部こんな感じ。


第二次大戦が激化する中、デズモンド・ドスは、「絶対に人を殺さない」という決意とともに、衛生兵を希望して陸軍へ入隊する。軍の規律を乱しかねない彼の主張を巡って同じ部隊の仲間や上官とすったもんだがあった後、ドスはようやく衛生兵として認められ、仲間とともに沖縄の激戦区へ。大戦末期の沖縄とは思えないほど栄養状態のよさそうな日本軍が跋扈する戦場で多数の命を救った彼は、ついには仲間のために我が身を犠牲にして大きな傷を負う。最後まで信念を貫いた彼は、助けた人々にリフトアップされ、つかのま天に近づく。そして再び人の世に戻って生きる彼の姿を映し、映画は幕を閉じる。

ラストで宙に吊られる場面は、一時的な仮死を経て再び現世に舞い戻る“復活”の過程と捉えることも、神に選ばれた“携挙”の姿と捉えることもできる。(ドス自身はプロテスタント系だったようだが、メルギブは携挙のイベントを重要視しないカトリックなので、演出的には前者の意図では・・・と予想)
どちらにせよ、人々を救う無償の行為の代償として聖痕を受け、天の国に近づくというキリスト教的モチーフである。ドスが絶対に人を殺さないと決めたのは、実はキリスト教の“汝、殺すことなかれ”の教えとは別にも理由があった・・・という脚本上のツイストはあるものの、このラストが端的に示すとおり、ドスはキリスト教徒の矜持を全うした英雄として描かれる。

と、文字に起こすと非常にキレイにまとまっていそうな話なのだが、実際の映画を観ると印象がまったく違う。映画本編は凄まじい異物感の塊である。
Img_93cc7138d25c496df5e82381be7fa4f6
異物感を生み出す最大の原因が、「殺人」の描写である。
ドスは自らの手で殺人はしないと決意しているが、「殺人を目的とした組織」に協力はする。彼が命を救った仲間たちは、助けた端から他者の命を奪いまくるわけである。ドスがハウエル軍曹を救うシーンでは、ハウエル軍曹はドスに引きずられた状態で追いすがる日本兵をバンバン撃ち殺していく。このシーンを筆頭に、観客が「ドス的にそれでいいんすか?」と思ってしまう状況が劇中に何度も出てくるが、ドスは煩悶するでもなく、「それでも目の前の命を救いたい」と決意を新たにするでもなく、基本的にその矛盾は掘り下げずに物語が進む。

「日本人も2人助けた」というセリフや、地下壕で日本人のケガをケアする場面によって、ドスの行為が敵味方を超えたものであるというエクスキューズは一応つけられている。
が、この映画は戦場で命を救うドスを主人公に据えながら、ドスが救った仲間たちが敵を殺す姿をあまりにも無邪気に描く。特にクライマックス、ドスの勇気に奮い立ったアメリカ軍の仲間たちが、スローモーションで殺しに精を出すシークエンスはさすがに笑ってしまった。
命を救うというドスの信念は、神の力を仲間に与えた―――恐れずに敵を殺す力を!

たしかにクライマックスに向けて映画的なカタルシスを生むためには、ドスの勇気とアメリカ軍の進軍をリンクさせるのは正しい。が、そこをリンクさせて描けば描くほど、ドスの命を救う行為がナンセンスなものに見えてしまうのではないか?彼の行為は、戦況の趨勢とは切り離されたもっとパーソナルなもの、残酷な世界に対して一矢報いようとする1人きりの戦いとして描いたほうが、より輝いたのではないかと思うのだ。


とはいえ、この映画が何でこういう構造になっているかはものすごく明確だ。メルギブ的な世界観では、ドスが神を信じて命を救った行為と、その結果として敵方の日本人が死んでいく展開に倫理的な矛盾はないからだ。
これはメルギブを糾弾する意図はまったくナシで言うが、彼の過去の作品やプライベートの言動を鑑みるに、メルギブはこの映画の日本人を「異教の蛮族」としか思っていないだろう。「バカヤロー!バカヤロー!」と叫びながらマシンガンを連射する日本軍の皆さんの姿はバルバロイ感全開。彼らはキリスト教を信じずに歯向かってくる不正義の存在なので、死んでもしょうがない。この映画における日本人は、人間ではなく、神の力を味方につけたクルセイダーに打ち倒されるべき脅威・悪鬼なのである。


・・・と書いていくと、なんだか私がこの映画の描写に否定的に見えるかもしれないが全くの誤解です。この作品を観ながら「これぞメルギブだ!もっともっと魅せてくれ!」と心の中で何度叫んだことか。逃げ腰のポリコレ対策なんぞクソくらえ、殺意と信仰と勇気と下劣がトグロを巻いてスクリーンに映し出される唯一無二のメルギブ映画の輝きたるや!主人公たちの前に現れ、ひたすら雄叫びとともに攻撃のみを繰り返す日本人の描写は、メルギブの語る残酷絵巻を構成する1要素として見れば、完璧に最適化されて機能していた。

(むしろ、日本の描写に関しては、アメリカ軍が日本軍を指して言う「They are animal!」のセリフが字幕だと「ヤツらは手ごわい」みたいな日本語訳になってたりするのが気になった。「反日映画」的なレッテルを貼られると面倒だという配給会社の意図も分かるけどもさ・・・)

この映画は「真実の物語」という謳い文句で始まるが、それは歴史的な真実という意味ではない。メル・ギブソン的に真実、という意味である。その「真実」は、見方によっては独善的で偏見に満ちた歪な真実かもしれない。しかし天才的な演出に裏打ちされた緩急自在の展開に圧倒され、観客は上映中ひたすらメルギブの言い分に耳を傾けるしかない。そこでは異物感すら味わい深い。これほどの求心力で、自らの魂の叫びを具現化し、観客を巻き込める監督はそうそういないと思う。
これからも独善的で、俺サマで、残虐で楽しい映画を撮り続けてほしいと心から願う。



※ハクソー・リッジの断崖絶壁、さすがにあんな立地を大部隊が登るわけねえだろ!怪我人をロープで下ろせるわけねえだろ!と思って検索してみたら実際のスケールはこんな感じだった。
Img_6ee301337f001890c33e79806aeae9fa
左:実物   右:映画

これだよこれ!このハッタリ感こそメルギブ映画!

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする