昨日、以下の件が軽く炎上してました。

≪日経ビジネスオンライン≫「マーベル新作、“マント人気”で大台ヒット狙う 「ドクター・ストレンジ」全体マーケティング統括担当、ディズニー・ジャパン井原多美氏に聞く」 記事はこれ→ (Click!) 

「女性とのロマンスがしっかりと描かれていて、女性も映画の世界にすっと入り込んでいける。女性にラブ要素は欠かせないですからね」という雑きわまりないプロモーション戦略の説明が総スカンをくらい、炎上。私も『マッドマックス 怒りのデス・ロード』や『10 クローバーフィールド・レーン』等、「俺は普通に映画を観たいだけなのに何でこんな仕打ちを受けなきゃならんのだ」とたびたび不満を感じつつ映画に接しているので、この件も「あー語り口がムカつくー」と思いつつ横目で見ておりました。

が、その後にTwitterユーザーの間で行われた、あるアンケート結果の拡散のされ方がちょっとあやういので、余計なお世話は百も承知で、その解釈について書きます。(Twitterのほうに書こうかとも思ったのですが、Twitterではできる限り非生産的な話だけしていたいのでこっちに書きます)


で、ある方が行ったアンケートとその結果がこちらです。
Img_fcf20219fad8e18d8ed1d6b614a682fd
「女性は恋愛要素があれば映画を観に行く」的なステレオタイプな言説に検証を入れてみよう、といった趣旨でしょうか。20,000人近い方が回答しています。すごい!
アンケートを行った方ご自身はこのアンケートにバイアスがかかることを認識しておりまして、だからこそアンケート後の結果もパーセンテージではなく回答者の「実数」でまとめ報告をされていたようなのですが、アンケート結果のみを目にしたと思しき一部の方々が、そのへんのバイアスをあまり考慮せず「女性の大半が恋愛要素を不要と考えている」という解釈で拡散してしまっているのを目にしました。それはかなり危険なことなので、ちょっと指摘させてください。

まずこのアンケートは、ツイート主ご自身が言及していたとおり回答者の傾向に相当なバイアスがかかったものなので、世間一般に割り戻しはできない数字であるということを踏まえなければなりません。そもそもが、いわゆる「映画クラスタ」の方から発信され、映画クラスタを起爆剤に拡散されたアンケートです。異常な「恋愛推し」を含む日本版予告の問題点について、常々問題意識を持っている人が初動を担っています。
さらに、このアンケートは「自由参加」です。RTを目にした人全員が回答を強制されるものではありません。なので、モチベーションの観点から、日本版予告について問題意識をもっている人ほど自発的に回答することになり、問題意識を持っている人たちの間でこそ積極的にRTされていきます。拡散とともに分母は増えていきますが、このバイアスが常にかかり続けるため、2,000を超えるRTがあったとしても、おそらく回答者の大半は映画クラスタ近辺のアカウントである可能性が非常に高いです。20,000人近くが回答したからデータ数が十分で、結果が正しいということではないのです。

また、このアンケートは、大元のツイート自体は恣意的な表現を含まないように非常によく考えられた、公平な文言になっています。が、いざそれをRTする人は、RT前後に自分の主張を併記できるため、回答者同士の意見の独立性が担保できない点も指摘しておきます(このアンケートが行われた時間帯に、ちょうど映画クラスタのTLをディズニーバッシング旋風が通過していたことも考慮すべきかと)。

 
Img_35d1cae001cab3dc9f64e9f4c98e06c8
もう一つ、このアンケートの結果から「洋画宣伝において恋愛要素のアピールは無駄」という結論を読み取っている方が多くいたのですが、それは性急です。ていうか一番極端な例だと、「恋愛推しの予告を作っても17%しか客が増えないことが示されたな」というツイートもありました。これはもう、ぜんぜん違います。
(※ここから先の計算は、厳密性より説明の簡略化を優先するため端数全部切り捨てます)

そもそも、その考え方をするなら、回答者のうち12%は結果に寄与しない男性票なので除外し、女性票のみを分母として割り戻すと、女性100%のうち19%が「恋愛要素が映画を観ようと思うきっかけになる」、81%が「ならない」集団になります。
で、分母81になるはずのところ19増えるのだから19÷81で増加率は23%、と計算するべきです。・・・が、そもそもこの考え方自体が間違いなのです。

この論法の根本的な間違いは、「恋愛要素が映画を観ようと思うきっかけにならない」と答えた81%の人を、「恋愛要素がなくても映画を観に行く人」と誤読してしまっていることによります。が、この81%の人たちは、あくまで「恋愛要素に反応しない人」であり、ある映画を観に行くことが確定している人では全然ありません。
この81%の人は一枚岩ではなく、各人が映画の中の何に興味を持つのかは、もっともっと細分化されます。ある人は海外俳優A氏に興味があるかも。ある人はサスペンス映画なら興味があるかも。ある人は爽快なアクションなら興味があるかも。などなど・・・。
だから、恋愛要素のない作品の予告を観ても、「恋愛要素には興味なし」と回答した81%全員が観に行くなんてことはありえません。実際にその作品を観に行きたいと感じる潜在顧客は30%かもしれないし、20%かもしれないし、5%かもしれないのです。

で、そう考えると、19%の人の「観に行きたい」スイッチを入れる恋愛要素って、何気にすごくないですかね・・・?
前段で説明した通り、かなりのバイアスがかかったであろう今回のアンケートですら19%の女性が恋愛要素に反応するという結果なのですから、世間一般での傾向を考えれば、恋愛要素のパワーはさらに高いものになると思われます。
なので、私はこのアンケートの結果を観て、「あっ、この条件下でも19%も恋愛要素に反応するという回答してるのか!?」と、拡散傾向とまったく逆の感想を持ちました。


これらを踏まえて考えると、映画プロモーションが馬鹿の一つ覚えみたいに「恋愛!家族愛!人類愛!」みたいなラブ念仏を唱えまくっているのも、それなりに勝算があるということが分かるかと思います。とはいえ、私は本稿をもって「オラァ!だから配給会社様は正しいんだぞお前ら!!!」と言いたいわけでも、「女ってホント恋愛好きな~!ホント好きな~!(地獄のミサワ顔で)」と言いたいわけでもありません。私も映画業界のラブ念仏を聞くたびに「アタマ沸いてんじゃねえのかコイツら」と思ってます。

が、今回のようなアンケート結果が誤読されたまま広まってしまうのは、ある偏見を打ち消す代わりに別の偏見を強めているだけです。そして、間違った根拠を武器に配給会社に異を唱えても、それでは何も変わらないのです。自分のもっている武器が正しいのかきちんと吟味し、相手が拠り所にする根拠も把握し、そのうえで殴りかかってこそ、建設的な議論になるはずです。

さて、誤読によって少しおかしな拡散はしているものの、今回のアンケート自体は物凄く意義のあるデータをもたらしています。それは、たかだか数時間で行われたアンケートに、実に1万4千人の女性が「恋愛要素とか別に求めてねーから」と回答した事です。そういう強固な客層がガッツリいるんだぞ、ってことを改めて明確にしたという点で、このアンケートは配給会社に対するお客側の意思を示したデータとして、有用な使われ方ができるのじゃないかなあ、と思います。

真面目な話はこのへんで。そろそろクソツイートマンに戻ります。

(大事な追記 : 記事の中で使っていた「母数」の表現は誤用で「分母」とすべき、とご指摘を受け、その部分を慌てて直しました。今までずーっと間違いに気づかず使い続けてました・・・。ああ、恥ずかしい)

 

Comments

774 | 01.22.2017 14:09
【Twitter】ツイートをスクショで引用するのは規約違反ですよって話 - ネットの海の渚にて http://dobonkai.hatenablog.com/entry/Twitter

他人の炎上の前に自分の規約違反をやめたらどうですか?
775 | 01.22.2017 15:29

特定のサービスの利用規約が正当な引用の権利を認める著作権法に優越すると思いこんでるバカが定期的に沸くのはなんでなんだろう
Apururu | 01.22.2017 17:56
>>アンケートの結果から「洋画宣伝において恋愛要素のアピールは無駄」という結論を読み取っている方が多くいた

これはフィルターバブルを考慮していない書き込みの類だと思います。
Twitterはフェイスブックと並んで、フィルターバブルの影響を受けやすいメディアです。
芸能人がファンに向かって活用するのは有効的かもしれませんが、世論を反映するにはむいていないツールであることを認識すべきかと。
「なる」に投票するような人は、「ならない」に投票するような人をフォローしていないわけで、いくらリツイートしても最初から届かないわけです。
F | 01.22.2017 20:58
>774さん
コメントありがとうございます!ただ、今回の記事はアンケートツイートした方ご本人にも確認いただいております。ツイート埋め込み等ではなく、アカウント名部分をトリミングした画像として掲載したのは、この記事から直通パスを作ると脊髄反射的にその方に絡む人がいるかもしれない、と懸念があったので防波堤としてそのようにしました(杞憂でしたけど)。なので、このまま置いとかせてください!
ななし | 01.23.2017 09:58
口を開けばキモいと彼氏としか喋らない生き物なんだから指摘は正しいじゃん。
あ | 01.27.2017 15:25
政治や社会問題の話をしてもマンスプレイニングが凄いんで話さないだけですよ
女性間なら話します
知らないだけなら語らない方が良いですよ
まさにマンスプレイニングなんで
立ち位置 | 01.30.2017 11:41
この問題に想うのが、「女性にラブ要素は欠かせない」と決め付けられた時点で、女性としては支配されているかのような感覚を受け
それに反発したいという欲求が生まれている可能性は感じます。
人は見透かされたり良いようにされることに危機感を感じますし
特の女性の場合は男性よりもまだ社会的な平等性は確信できていないでしょうから、低く見られることに敏感にならざるを得ないと想うのです。
自分が本当に恋愛要素を指標にしていないのかどうか?を冷静に考えるまでもなく、決め付けられて「ムカつくから反発する」という動機に基づいて「ならない」を選んでいる可能性はないのかなと。
加えて、恋愛要素で選んでいるつもりはなかったとしても、自分の過去の観覧履歴を見ると恋愛が全面に押し出されている物しかなかった等、無自覚の傾向もありえます。
データに意味が無いというわけではないのですが、全員が素直に答えているようにも思えないので
炎上問題と絡めた視点で結果の解釈をした方がいいデータなのかなぁと

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする