Img_f513753c1f7f0ab59bde14ac68314dc5
【ネタバレしまくりです。観てからお読みください】

『ジュラシック・ワールド』、心の底から楽しかった。
1本の独立した映画として見れば、至らぬ点が多々ある。しかし、『ジュラシック・パーク』1作目からシリーズを追いかけてきたファンにとっては、それらを全て帳消しにしてしまうぐらい最高に愛おしい、『ジュラシック・パーク』の続編だった。

Img_9a3c61f6f6102b522b671098b2a3d83a
シリーズ1作目、93年に公開された『ジュラシック・パーク』のスゴさは、今さら細かく語るまでもないだろう。『ジュラシック・パーク』以前と以後で、映画におけるクリーチャー表現のレベルは全く別次元のものになってしまった。そして何より、あの映画以降、私を含めた世界中の子供たちが頭に思い浮かべる恐竜は、『ジュラシック・パーク』で描かれた恐竜たちの姿と動きが基本になってしまった。


今回は、不朽の名作『ジュラシック・パーク』の続編として、『ジュラシック・ワールド』がいかに計算し尽くされた構成だったか、という話をしたいのだが、その前にまずは1本の映画として観た場合の『ジュラシック・ワールド』の欠点にも一応触れておきたい。

まずは脚本の未整理ぶり。前半の運びのぎこちなさが目立つし、十分に機能しきっていない不要なシーンがかなりある。
ストーリーを整理するなら、インド人社長・マスラニのキャラと、インジェン社から送り込まれたホスキンスのキャラを統合する手もある。マスラニは自然へのリスペクトと冒涜が無邪気に混在するキャラだが、彼の語る自然へのリスペクト部分は本作においてほとんど機能していない。マスラニのキャラを削り、最初から自然をナメきったホスキンスとまとめてしまえば、前半の流れがスッキリし、主人公サイドが対立する対象もブレなくなっただろう。

もう一つ致命的な欠点は、この映画で文句なしに一番盛り上がるクライマックスのインドミナス・レックス VS ティラノサウルス & ヴェロキラプトルの対立構造が、作品のテーマと乖離してしまう点。 一見すると、自然の摂理に反する異形の化け物インドミナスが、太古の自然を支配していたティラノとラプトル (&モササウルス) によって倒される、という展開に見えるのだが、よくよく考えればこのティラノやラプトルだって、恐竜の遺伝子にカエルやトカゲの遺伝子を継ぎはぎして作られた、まがい物の人造物だ。

つまり、本作は「人類が自然をいいように弄ぶとしっぺ返しがくるぞ」というテーマのはずが、最終的に「人類の驕りによって産まれた最新の被害者(インドミナス)を、最初期の被害者(ティラノモドキとラプトルモドキ)を使って撃退する」という方法で解決してしまっているのだ。完全に破綻している。破綻しているのだが、それを理解したうえで、私はこのシーンで戦うティラノサウルスとヴェロキラプトルの姿に、涙を流しそうになっていた。おそらく同じような想いでこのシーンを見つめていた人がたくさんいたと思う。

なぜ私たちは泣きそうになっていたのか。
その最大の理由は、このシーンに、そしてこの映画自体に、観客一人ひとりが持っている初代『ジュラシック・パーク』の記憶を呼び起こす仕掛けが大量に仕込んであるからだと思う。この仕掛けをまとめてみよう。
Img_1afc4495d310c60fa8b2767e39697eb9
まずは、メタ構造。
劇中で畏れと憧憬をもって語られるハモンドの作った初代ジュラシック・パークが、我々の現実世界においてスピルバーグが作った映画『ジュラシック・パーク』と重なるように配置されている。劇中の人物がハモンドのジュラシック・パークに想いを馳せるとき、私たち観客は映画『ジュラシック・パーク』の場面の数々に、自然に想いを馳せてしまう。観客の心に知らず知らずのうちに22年前のノスタルジーを忍び込ませる、憎い仕掛けだ。

もうひとつのメタ的な仕掛けは、本作の主人公オーウェンとクレアが30代前半の男女である点だ。22年前の初代『ジュラシック・パーク』に息を呑み、客席の隙間から隠れるようにして画面を見つめていた少年少女たちは、今まさにオーウェンとクレアとほぼ同じ年代。かつてティムとレックスの視点から恐竜たちを見ていた少年少女たちは、今作ではオーウェンとクレアという大人の立場に感情移入することになる。そして、オーウェンとクレアが小さな兄弟を守ろうと奮戦する場面で気付くのだ。ああ、あの頃子供だった私たちは、今や子供を守る大人の側になったのだと。

続いて、ノスタルジックなアイテムの数々。
Mr. DNA!あのビジターセンター!あの暗視ゴーグル!などが大量動員。他にも、「開発にウン億円かかった恐竜だから殺すの禁止!」と言われて麻酔銃で大型恐竜の捕獲に向かわされる警備スタッフや、擬態化能力をもった恐竜など、マイケル・クライトンの原作に出てきた要素まで盛り込んでくる。あの頃欲しかったなあ、あの暗視ゴーグル!とか、ロストワールドのとき見たかったカメレオン恐竜が遂にスクリーンで見れた!とか、これまでの『ジュラシック・パーク』シリーズに関するファンの記憶を総ざらいで掘り起こしにかかってくるのだ。

そして最後に、初代『ジュラシック・パーク』に対する“本歌取り”とも言うべき巧みな構成も見逃せない。
私がこの映画で一番グっと来たのは、赤い発炎筒のシーンだ。映画冒頭、ティラノサウルスの餌付けシーンで、エサとともに赤い発炎筒が投げ込まれる。そのときは「ああ、エサの合図なのね」ぐらいに思って見過ごしていた。しかしクライマックス、ティラノサウルスの檻を開放するシーンでようやく気付いた。あの発炎筒は、1作目のあのシーンを再現するためにあったのか!と。
Img_3aa0d7f9effb89a1ca7c1c5147a946f4
そしてそこから怒涛のように続く恐竜バトルの中で、ティラノサウルスとヴェロキラプトルが共闘してインドミナス・レックスと戦うシーン。これは言うまでもなく、初代『ジュラシック・パーク』で観客が快哉を叫んだあのクライマックスを、裏返して再構築したものだ。

(完全に脱線になるが、異種族間での共闘は生物学的に有り得ないことでもない。かなり特殊な事例だが、リカオンとジャッカルが、ジャッカルの子供を守るために協力してハイエナを撃退した記録もあったりする。もっとも、同じイヌ科同士のリカオン・ジャッカルと違い、ティラノとラプトルはだいぶ種が遠いが)

『ジュラシック・ワールド』が巧みなのは、初代『ジュラシック・パーク』の展開を再現しているものの、全く別の意味を持つシーンとして再構成してくるので、それらがマンネリではなくむしろ観客の予想を裏切る仕掛けとして機能している点だ。
『ジュラシック・パーク』で子供たちからティラノサウルスを引き離すために使われた発炎筒が、今回は子供たちを救うために使われる。『ジュラシック・パーク』でお互いに殺しあったライバル、ティラノサウルスとヴェロキラプトルが、今回はより強大な肉食恐竜に向かって共闘する。
私たちの記憶に刻まれたシーンの数々が、新しい意味を与えられて生き返ってくるのだ。

『ジュラシック・ワールド』の上映時間は124分。しかし、この映画が我々から引き出そうと企んでいるのは、124分の間に生じた感情だけではない。この映画は、メタ構造・ノスタルジックなアイテム・過去作の再構築によって、初代『ジュラシック・パーク』から22年間積み重なったファンの思い出まで引き出すことを計算に入れて組み立てられている。

そう、言わばこの映画は22年前から始まっているのだ。かつて『ジュラシック・パーク』1作目で少年少女の心に刻み付けた感情の伏線を22年越しで回収しにくる、上映時間22年間の映画なのである。こんなに卑怯で最高な手法があるだろうか。これで泣くなという方が無理な話だ。

この映画は、上映時間124分の単体作品として観るならば、そこまで評価はされないと思う。よくあるパニック映画にしか見えないかもしれない。しかし上映時間22年の映画として、私はこんなにも心躍る体験を届けてくれた作り手たちに心からありがとう、と伝えたい。
ありがとう。あの頃『ジュラシック・パーク』を観て、人生を狂わされて本当によかった。

Comments

ラプとる | 08.17.2015 02:34
ジュラシックワールド面白かったですよね!
後主さんダ~ウィンが来たもよくご覧になられているんですね^^
実は自分も大好きで良く見ているんです
Fitflop | 11.24.2018 16:14
http://www.jordan11winlike96.us/
http://www.jordan-shoesformen.us.com/
http://www.disneypandoracharms.us/
http://www.valentinosshoes.us.org/
http://www.ferragamos.us.org/
http://www.curry5.us.org/
http://www.nikeoutletsonline.us.com/
http://www.nmd-adidas.us.org/
http://www.balenciagatriples.us.org/
http://www.shoeslouboutin.us.com/
http://www.ferragamo-outlets.us/
http://www.monclers.me.uk/
http://www.yeezys750.us/
http://www.nikeshoes-cheap.us.com/
http://www.nikeclearancestores.u

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする